コラーゲンを補ってうるっぷるなお肌になる為には、化粧品のように肌の上からのケアよりも体内からその生成を活性化させた方が効果が見込めます!

では、体内からコラーゲンの活性化を促すにはどのようにすると良いのでしょうか?

コラーゲンは食べても肌のコラーゲンにはならないという話も聞いたことがあります。

ですが、それは直接的にそのままコラーゲンになる訳では無いだけであって、分解されたコラーゲンはアミノ酸になってお肌へとてもいい影響をもたらします。

体内のアミノ酸量が多いとお肌のコラーゲンの生成は活性化されるので、結果的にコラーゲンを食べるとお肌もプルプルになるという事なのです。

ではそのコラーゲンを摂取するなら何がおすすめかというと、このサイト内でもご紹介している「天使のベビーコラーゲン」がおすすめなのです!

なぜかというとコラーゲンにはたくさんの種類があり、その種類によって働きや効果が違うからです。

ですので、ここではそんなコラーゲンの種類と天使のベビーコラーゲンについて詳しくご紹介していきます!

 

コラーゲンの種類?

では、「コラーゲンを摂取するなら天使のベビーコラーゲンがおすすめ」と言いましたが、

実はそのコラーゲンには何種類か種類があり、お肌のハリや弾力をアップさせるためオススメなものとそうでないものがあります!

ですので、まずはコラーゲンの種類についてご紹介していきます。

皮膚には9種類のコラーゲンがあり、その中でもⅠ型、Ⅳ型、Ⅶ型の3つのコラーゲンは、肌のハリや弾力を保つために使われています。

良く化粧品やサプリメントに配合されている成分は概ねこれらのコラーゲンの事が多いです!

理由は、「ハリや弾力を保つために必要なコラーゲンだから、同じコラーゲンを摂取しましょう」というものです!

ですのでだいたいはこのコラーゲンだと思っていたらよいかと思います。

ですが、コラーゲンは食べ物やサプリメントから摂取すると、体内で分解されてからもう一度肌や体の各所で使われることになります。

ですので、大切なのは「同じコラーゲンを使う事」ではなく、「肌のハリや弾力をアップさせるために必要な(コラーゲンの元となるアミノ酸の量が多い)コラーゲン摂取する」という事です!

そうでないとせっかく取り入れたアミノ酸も、他の適した場所に使われて、効果を十分に発揮されないという事です!

ですのでお肌のハリや弾力をアップしてくれるコラーゲンに効果的なアミノ酸を含んだコラーゲンを摂取しないといけないのです。

ではお肌に効果的なアミノ酸を豊富に含んでいるコラーゲンは何なのかというと、それは『Ⅲ型コラーゲン(ベビーコラーゲン)』なのです!

赤ちゃんの肌に多く含まれるベビーコラーゲンに深い関わりが!

Ⅲ型コラーゲン(別名:ベビーコラーゲン)は赤ちゃんのぷるぷるの肌に多く含まれるコラーゲンで、潤いあるぷるっぷるの肌には欠かせないコラーゲンです!

このベビーコラーゲンは他のコラーゲンと比べ、大人になると急激に減少すると言われ、

年をとればとるほどしわしわになっていってしまうのはこのことが原因と言われているのです!

人間の肌の70%はⅠ型コラーゲンとⅢ型コラーゲン(ベビーコラーゲン)で構成されています。

特に肌の弾力を保つ役割を果たすベビーコラーゲンは、赤ちゃんの肌に最も多く含まれ「柔軟性コラーゲン」とも呼ばれているのです!

しかし残念なことにベビーコラーゲンは25歳前後を境に減少していきます。

それがいわゆる「お肌の曲がり角」といわれ、それに伴い肌質もだんだん硬く皮膚がたるみ、弾力を失っていきます・・・。

ですので、このベビーコラーゲンをいかにたくさん体内で生成するか、もしくはそれを生成するうえで大切なアミノ酸や栄養素を摂取できるかが大切で、

その差によってコラーゲンを飲んだ時に大きく効果に差が出てくるのです!

天使のベビーコラーゲンに配合されている卵殻膜はこうして加齢によって減少する「ベビーコラーゲン」をサポートするという事が最近の研究で明らかになりました!

ですので、「ハリが感じられなくなってきた」「弾力が無くなって垂れてきた」「肌がガサガサだ」「化粧乗りが悪くて悩んでいる」などという人には天使のベビーコラーゲンは非常におすすめだという事がお分かりいただけると思います

あなたは「自分のお肌はぷるぷるだ!」と自信を持って言えるでしょうか?

もしもあなたが自分のお肌に自信がなく、「芸能人のようなキレイな肌に自分もなりたい!」と思うのであれば、今からでも体の内側からベビーコラーゲンの生成と美肌効果をもたらす「天使のベビーコラーゲン」を飲み、うるっぷる肌を目指していきましょう♪