乾燥から肌を守る「バリア機能」って?

肌の一番表面にある角層は、ラップ程度の厚さ(0.02ミリ) しかありませんが、角層細胞がちょうどレンガのように10~20層にも積み上げられています。

それだけでは不安定なので、さらにレンガとレンガのすき間を埋め尽くす「細胞間指質」という脂質が、セメントのように角層細胞をがっちりとつなぎ合わせて、角層の下に細菌が侵入したり、水分が蒸発したりしないようにブロックしています。

この細胞問脂質には、美容成分としても有名な「セラミド」や、定期検診やメタボチェックでおなじみの「コレステロール」、そして「天然保湿因子(NMF)」という保湿成分が含まれています。

これらの美容成分が、肌表面の角層のうるおいを維持していますが、特にヒトの肌が持つ賢い性質として、油性成分と水性成分が交互に積み上げられ、水と油がしっかりと結びついた「ラメラ(層状)構造」になって、肌表面のバリア機能を強化しています。

表皮の角層の上に実はもう一つ「皮脂膜」というバリアがあります。

これは肌の表面の毛が生えてくる「皮脂膜」というバリアがあります。

これは肌の表面「毛孔」、俗に言う毛穴から分泌される皮脂や汗が混じって肌の表面をバリアのように覆い、肌を乾燥から守っているのです。

皮脂と汗が混ざってラメラ構造となり、油分にも水分にも強いバリアになります。

肌のキメこそ美肌へのカギ!

美肌の敵の一つに、毛穴があります。

もし毛穴が一つもなければ、お人形さんのようにキレイな肌になれたはずです。

しかし毛穴は、毛髪を育てるという大切な仕事をしているほかに、皮脂も分泌します。

毛穴に古い皮脂が溜まったままでいると、時間が経って酸化して黒ずんで固まり、毛穴を押し広げて目立たせてしまいます。

肌の表面は氷のようにまつ平らではなく、「皮溝」という「へこみ」と、「皮丘」という「出っ張り」があり、これで肌のキメをつくっています。

キメがそろっていると、光の反射を均一にして、光の反射の力で、見た目に肌を白く透明に見せてくれるのです。

キメが整った肌というのは、この皮溝と皮丘の大きさが均一で小さい状態のことをさします。

逆に、キメが整っていない肌は皮溝と皮丘の大きさがまちまちで統一性がなく、皮溝がだんだんと大きくなってつながり合っていくと、シワに見えてしまうのです。

キメが整っていないと光の反射する方向がまちまちになってしまい、光反射による美肌効果も失われてしまい、くすみや黒ずみが目立つ肌に見えてしまいます。