ぷるぷるなお肌を手に入れる為に人気な「天使のベビーコラーゲン」ですが、天使のベビーコラーゲンを飲む以外にも大切なのが、保湿力を高める事です。
肌の保湿力も大きなカギとなります。

ですのでここではそんな保湿力を高める為に気をつけたいポイントや具体的な方法についてご紹介していこうと思います

 

年齢が上がるほど保湿成分を補うべき

健康な肌は、角質層の中でセラミドをはじめとする保湿成分を自分でつくり出し、通常、角質層内に約20%の水分を保っています。

ところが、不規則な生活や加齢によって保湿成分が不足すると、水分量が20%以下に低下することがあります。

これが、「乾燥肌」の状態です。

乾燥肌になると、肌を守ろうとして角質層が厚くなってきます。

角質細胞ができる過程を「角化」といいますが、肌が乾燥していると通常よりも急いで角化がおこなわれるため、未熟な角質細胞がどんどんできてしまうのです。

そうなると、角質層は厚く不安定になり、肌のバリア機能が失われ、外からの刺激を受けやすくなります。

これがいわゆる「敏感肌」です。

未熟な角質細胞が肌を覆うため、粉をふいたようにカサカサしたり、化粧水がしみだします。

肌の保湿力が失われると、さまざまな肌トラブルを起こす悪循環に陥ります。

だから、保混力を高めることが大事なのです。そのために、保湿成分であるセラミドやヒアルロン酸を配合した美容液などをスキンケアに取り入れましょう。

残念ながら、肌の水分やセラミドは年齢とともに減少する一方なので、化粧品などで補うことが必要なのです。

乾燥がとくに気になるときはセラミド配合の美容液に変えてみる。

セラミドを補えば肌の乾燥は、ほぼ抑えられるます。

保湿成分であるセラミドは、たとえ湿度が0%になっても水分を逃さないという、非常に保湿力の高い成分です。

肌の中では表皮の角質層にあり、肌のうるおいを保つ要になっています。

セラミドは、肌のターンオーバーとともにつくられます。寝不足などでターンオーバーが低下すると、セラミドは減少します。
加齢によっても減るので、化粧品などで補いましょう。

セラミドを与えた肌は水分が増え、ちりめんジワも改善されます。
ただしセラミドは化粧品原料としては高価で、かつ化粧品への配合技術がむずかしいものですので、化粧品の選び方も重要になります。

「本物」のセラミドを見分けて購入する

セラミドは水溶性ではないので、化粧水でなく美容液、またはクリームに含まれています。

セラミドには何種類かあり、そのうち「セラミド1、2、3」がとくに保湿力があります。この1、2、3のいずれかが確実に入っていることが大事です。

「セラミドOO」のようにOOに数字ではなく記号などが入っている場合は、類似品の可能性もあるので注意しましょう。

成分としてセラミドが表示されていても、価格の低いものはごく少量しか配合されていない場合があります。

だいたい3000円以上をめやすに購入するとよいでしょう。