お肌のハリ・弾力アップに効果的と話題の天使のベビーコラーゲンですが、

お肌のハリや弾力が無くなってシワやたるみが出てきたわ…

そんな悩みを持つ方がアンチエイジングを考えだしケアしていくものと思います。

ではそんなアンチエイジングは、実際どれくらいの時期からやりだすのがいいのか?

またそれと共にシワや弾力を手っ取り早く改善する整形などはぶっちゃけどうなのか?

ここではそのような内容についてご紹介し、天使のベビーコラーゲンは効果があるのか?

見て行こうと思います♪
 

アンチエイジングケアはいつから始めるのがいい?

アンチエイジングは早く始めるに越したことはありません。

とはいえ、子供の頃からアンチエイジングケアする必要などありません。

人間の生物としてのピークは18~20歳くらい。

事実、肌のハリもコラーゲンとエラスチンが最大限に伸び切るのも18~20歳頃です。

だから、アンチエイジングケアは20代から肌の状態に応じて徐々に取り入れるのが正解です。

肌の若さは18~20歳がピーク!それ以降はアンチエイジングケアを

お肌のケアは30の大台に乗ったら、シワやたるみが気になり始めたら、では残念ながら手遅れなのです。

また、ベーシックなお手入れで、肌の基礎の力を上げておくことは、アンチエイジングの大前提。

基礎の力がない肌に、いくらアンチエイジングケアをしても、効果を100%実感することはできません。

アンチエイジングケアも、肌の基礎の力があってのものであることを頭に入れておいて。

プチ整形でシワは取れる?

アンチエイジングと並んで人気なのが「プチ整形」です

シワを取るには、光治療やヒアル口ン酸の注射やボトックスなどの方法があり、まとめて“プチ整形”などと呼ばれます。

“プチ”なんてつくと整形も気軽なものに感じられますが、光治療にはそれなりの痛みもあり、日焼け止めを塗るなどのアフターケアが求められるし、注射にも痛みや出血がともないます。

本当に
“プチ”と感じるかどうかはまさに人それぞれです。

レーザーや光治療は、肌に光を当てることで、真皮でコラーゲンを生み出す線維芽細胞を活性化させ、八リを取り戻させるもの。

1回3~6万円程度(クリ二ックによって異なる)ですが、3~5回程度(施術の内容によって異なる)は繰り返さないと、目に見える効果は感じにくいものです。

ヒアルロン酸注射

ヒアルロン酸注射は、シワにヒアルロン酸を注入し、くぼみを盛り上げて見せるもの。

これは1回5~6万円程度ですが、効果は3~6ヶ月ほど継続します。

主にほうれい線などのくぼみに適しています。

ボトックス注射

ボトックスは、筋肉を動かす神経を麻痺させてシワがよらないようにするもの。

額や目汁などのシワには適しますが、口元など適さない部位もあります。

1回3~6万円程度ですが、効果が現れるまでに3~7日間程かかり、効果は2~3ヶ月ほど持続します。

いずれにしろ、効果の出かたは個人差が大きく、仕上がりに満足できるか否かも人それぞれです。

そうした事情を理解したうえで、あえてトライするなら「プチ整形型」も良いでしょう。

ただ、整形となると様々な副作用や弊害も出てきますので、心配な方は、天使のベビーコラーゲンで、身体の中からアンチエイジングしていってみては??

天使のベビーコラーゲンであれば、副作用もなく、また様々な口コミの中からその効果についてはお勧めできます!

是非お肌のハリと弾力を取り戻すための努力を天使のベビーコラーゲンと共にしていってくださいね!