お肌のハリや弾力アップに効果的と話題の天使のベビーコラーゲンですが、

特にお肌のシワに対する働きには、とても注目されています

そんなお肌のシワは、実は何種類かあり、その種類によってもそのケア方法が変わってきます!

ですのでここではそんなお肌のシワの種類と特徴、各ケア方法についてご紹介していきます♪
 

保湿ケアで改善できるのは、ちりめんジワだけ

年齢を重ねるにつれ、目もとなどにできるシワ。

肌の乾燥が原因だと思い込み、保湿で改善しようとする人が多いのですが、実際には、シワの最大の原因は乾燥ではありません。

シワには、大きく分けて3種類、

「ちりめんジワ」、「表情ジワ」、「真皮のシワ」があります。

このうち、乾燥でできるシワはちりめんジワだけ。

多くの女性が気にするシワは真皮のシワで、このシワは、残念ながら保湿では改善されないのです。

そもそもシワとは、皮膚が折りたたまれたところにできるものです。

表情の変化によって皮膚が折りたたまれても、コラーゲンが十分にあり肌に弾力があるうちは、表情が戻れば皮膚ももとに戻り、シワにはなりません。

しかしコラーゲンは紫外線によって劣化し、また40歳を過ぎるころからは量が急激に減り、肌は弾力を失い硬くなっていきます。

すると、折りたたまれた部分が戻らなくなります。

これが表情ジワです。

さらに進行するとコラーゲンのネットワーク構造自体が壊れ、表情の変化がないときにもくっきりとシワが現れる状態になります。

これが真皮のシワです。

じつは、肌のたるみやクマの一部も、シワと同様にコラーゲンの変性によって起こります。

肌の土台である真皮のコラーゲンが変性・減少すると、表皮が支えられなくなり、たるむのです。

つまり、これらのケアは、コラーゲンを増やし、変性を防ぐことが有効なのです

化粧品のコラーゲンは真皮までは届かない

シワの原因がコラーゲンの変性・減少だとすると、コラーゲン配合の化粧品をつければよいと思うかもしれません。

でも、化粧品に配合されているコラーゲンは保湿のためのもの。

コラーゲンは分子量が大きいため、塗っても真皮まで浸透することはないのです。

また、それらのコラーゲンの多くは魚の骨や皮からとったもので、厳密には人間の肌のコラーゲンとは構造が違うため、そのまま肌に定着することはありません。

ですので、お肌のコラーゲンを増やしたいと思うのであれば、身体の中からコラーゲンのもととなるアミノ酸や生成を助ける栄養素を摂る必要があるのです!

そこで役立つのが天使のベビーコラーゲンなのです。

天使のベビーコラーゲンはコラーゲンはもちろん、アミノ酸や栄養素もたくさん含んでいるので、身体の中からコラーゲンがつくられるお手伝いを、賢く、効率よくしてくれるのです!

シワの種類と各種類のケアの方法

では、そんなシワの種類について細かくご紹介していこうと思います!

そして各特徴とケア方法についてもご紹介していきますので、是非参考にしてみてください☆

ちりめんジワの特徴

目もとなどによく見られる浅く細

かいシワ。一般にI小ジワjと呼

ばれています。乾燥が原因で起こ

り、子どもでも、冬場の乾燥する

時期などに見られます。

ちりめんジワのケア方法

保湿ケアをすれば回復します。ただし、このちりめんジワはほかのシワとは別ものなので、これをケアしでも大きなシワを予防できるわけではありません。

表情ジワの特徴

顔の表情に合わせてできるシワ。

初期は衰情が戻れば見えなくなる

ものですが、次第に戻らなくなり、

真皮のシワへと移行していきます。

真皮のコラーゲンを傷めてしまう

表情ジワのケア方法

真皮にある線維(コラーゲンと工ラスチン)を坦やすケアをして、真皮のシワへの移行を予防します。フエイシャルエクササイス刊は、可書間企があるので逆効果です。

真皮のシワの特徴

加齢や紫外線により、真皮にあるコラーゲンか変性減少することで起こります。表情を動かしていないのに、額や目尻にシワが刻まれている場合は、この真皮のシワです。

真皮のシワのケア方法

真皮にある線維(コラーゲンとエ

ラスチン)を増やすためのケアを

おこないます。ピーリング(→97

ページ)など美容皮膚科でおこな

っている治療もシワ改善につながります。