お肌のハリや弾力アップに効果的と話題の天使のベビーコラーゲンですが、

お肌を内側からだけでなく、外からもケアしていく時に知っておきたい事があります。

それが、正しいスキンケア方法です。

必要以上にケアし過ぎても逆に肌を悪くしてしまうといったことも起こる「スキンケア」

ここではそんなスキンケアの基礎知識についてご紹介していきます

 

40代前半くらいまでは、基本は化粧水+美容液でOK。

スキンケアのポイントは保湿力を高めること。

洗顔後のスキンケアというと、「化粧水で肌に水分を与えたあと、乳液の油分で水分が逃げないようにフタ」というのが定説でした。

しかし最近、肌のうるおいは油分でフタをすることで守られているのではなく、肌の角質層にあるセラミド等の保湿物質によって保だれていることがわかってきました。

つまり、肌のうるおいを保つために乳液やクリームは必要なく、基本的には、化粧水+保湿成分配合の美容液でケアすればよいのです。

ただし、クソームは肌の表面の動さをなめらかにする潤滑油の働きをするので、使うなら動きの激しい目もと、口もとに。

20~40代前半までは化粧水+保湿美容液で保湿を重点的に!

年々肌の水分量は減っていきますが、生理がきちんときている間は、皮脂は十分に分泌されています。

油分は必要なところにのみ補い、保湿をメインにしたスキンケアをしていきましょう。

肌の乾きが気になるときは、まずは美容液で保湿。

それでも乾くようなら、目もと、口もとなど乾きやすい部分にのみ、クリームや乳液で油分を補います。

40代後半からは油分が減っていくのでクリームをプラス

45歳くらいからは性ホルモンの低下にともなって皮脂の分泌が減り、肌の油分が減り始めます。

閉経とともにより減少するため、水分はもちろんのこと、油分の補給も必要になってきます。

化粧水→美容液のあと、目もと、口もとに、人によってはUゾーンにもクリームや乳液で油分を補いましょう。

化粧水は、「ビタミンC誘導体」などの美肌成分配合のものがよい。

「化粧水は、とにかくたっぷりつけるのがよい」と考えている人が多いようです。

しかし、いくら化粧水(=水分)をつけても、肌に保水力がなければ、その水分はすぐに蒸発してしまいます。

化粧水は、じつのところ、スキンケアに必ず必要なものではないのです。

だだし、肌に与える美肌成分の面から見ると、美容液やクリームに配合するよりも、化粧水に配合しだほうが有効な成分もあります。

その代表が、「ビタミンC誘導体」や「ナイアシン(ビタミンB3)」などの水溶性美肌成分です。

化粧水は、これらの成分が配合されていて、使用感のよいものを選べばよいでしょう。

化粧水を選ぶときは有効成分と使用感で選ぶ

ビタミンC誘導体やナイアシン(ビタミンB3)などの水溶性の美肌成分は、美容液やクリームより、水分が主成分の化粧水に配合したほうが安定します。

とくにビタミン類は、成分的に不安定なため、クリームなどよりも化粧水のような内容的にシンプルなものに配合したほうが痩れにくく、吸収もよくなります。

美容液は「保湿」をメインに、目的に合わせて「美白」や「アンチエイジング」をプラス。

美容液というと、どんなものを思い浮かべるでしょうか?

じつは、美容液には明確な定義がありません。

そのため、形状も成分も、また価格もさまざまな商品が多数出まわっています。

そんななかから自分に合った美容液を見つけるために、まずは成分を見てみましょう。

美容液を使う目的は、第一に肌の保湿成分を補うことにあります。

その代表的な成分が「セラミド」です。

ほかに「ヒアルロン酸」「コラーゲン」なども保湿成分の一種。

まずは、それらの成分を含むものを1本選び、さらに、保湿以外の効果も得たいなら、目的に合った美容液をプラスするとよいでしょう。

美容液を選ぶときは自分の目的に合う成分が確実に配合されているものを

選ぶ基準となるのは、有効成分がはっきりと確認できること。

ただし、極端に価格が安い美容液は、有効成分が表示されていたとしても、配合量が少ないことがあります。

めやすとしては3000円以上くらいのものを選ぶとよいでしょう。