「わたし」に最適なコスメブランドはどれ?価格はどのくらいが妥当?

化粧品のブランドは、あらゆる人のあらゆる目的に対して満足が得られるように幅広く作られています。

したがって、まずあなたが何を求め、どんな価値観を持って化粧品を探しているかでその選び方が決まります。

化粧品に対して安くてそこそこの効果を求めているのであれば、コンビニで売られているもので充分。

もう少し目的を持ってユニークなものや効能や効果がわかるものが欲しいのであれば、ドラッグストアやバラエティーショップにあるコスメブランドがいいでしょう。

このような店には、常に新しい感覚で作られたニツチ(隙間的)でおもしろいコスメが見つけられます。

効果や使い方などを詳しく聞き、納得したうえで購入したい人は、化粧品専門店やデパートで。

さらにパーソナルなアドバイスやきちんとした接客を求めるのであれば、デパートの高級ブランドをおすすめします。

単に価格だけではない、付加価値があるものの代表格として化粧品があります。

洋服のブランドにも同じことがいえますね。

いつも選んでいる洋服のブランドや価格帯はどのくらいですか?

自分が求める価値観に合った化粧品を選びましょう。

ものによって高価なものと安価なものとを使い分ける考えもあるでしょう。

それもよしですが、口紅など人の目につくものだけを高級品にするのはいただけません。

あなたが「これは大切」とこだわるものには、いいものを選んでください。

化粧水であったり、クリームであったり、美容液であったり

では、プロのわたしはどの価格帯をすすめるかというと…。

まず、化粧水に一万円以上出すのは、ナンセンスです。

毎日二度たっぷり使うものですから、三千~五千円で充分。

乳液は五千円前後。

美容液やクリームは一万円前後。

それから、クレンジングは化粧水以下、洗顔料はクレンジングと同じかそれ以下が目安です。

三万円以上もするクリームが人気のようですが、それだけでは効果があるか疑問です。

高級ブランドには、それなりの価値判断がしやすいようにパンフレットやサンプルが用意されているので、購入する前にじっくり検討してみましょう。

「洗顔フォームで二度洗い」は、ダブル洗顔ではありません

ダブル洗顔とは、洗顔フォームで二度洗いすることだと思っていませんか?

こう思いこんでいる人は、意外に多いのです。

これは、ダブル洗顔とはいいません。

洗顔は、スキンケアの重要なステップです。

洗顔料には、メイク落としで使われるクリーム、ミルク、オイルなどのクレンジング剤と、洗顔フォーム(リキッド、クリーム)や洗顔石鹸などの水溶性洗顔料があります。

クレンジング剤は油分を含む洗顔料で、メイクアップの油分と汚れを溶かして取り去ります。

そのあとで、表面に残った汚れをきっぱりと落とすのが、洗顔フォームや洗顔石鹸などの抱立つ洗顔料です。

ダブル洗顔とは、汚れの種類に合わせて、これらのタイプの違う二種類の洗顔料を使うことをいいます。

クレンジングをしないで洗顔フォームのみで二度洗うやり方は、しっかりと汚れ落としができて、きっぱりとした感触が残るような気がします。

が、実際は毛穴の深部の脂分を含む汚れやいらない角質がこびりついたままになっているのです。

このような洗顔をしていると、肌がさかむけのようになってファンデーションをつけてもムラが出てしまうこともあります。

メイクをしているのであれば、毎日きちんとクレンジングを行いましょう。

油分を含む汚れは油で溶かして落とす。

そして、皮膚表面に付着した汚れや皮脂腺から排出した老廃物は、洗顔フォームや洗顔石鹸などの泡立つ洗顔料で落とすといったダブル洗顔が素肌美の第一歩です。