お肌のハリや弾力アップに効果的と多くの女性に人気の天使のベビーコラーゲンですが、

お肌をプルプルに保っていくためには天使のベビーコラーゲンで体の中からケアしていくだけでなく、普段のスキンケアにも気をつけながら弾力アップに取り組んでいく必要があります!

ですのでここではそんなスキンケアについてのQ&Aを少しご紹介します
 

基礎化粧品は外国産より日本製の方が日本人の肌に合ってる?

外国製の基礎化粧品と日本製、本当はどちらがいいのかしら?

女性なら誰でも気になるのではないでしょうか。

「外国製のものに惹かれるけれど、日本人の肌には日本製が合うと聞いたことがあるわ」とある女性が言っていました。

では実際、どちらがいいのでしょう。

肌の構造は人間であれば同じですが、その人が暮らす環境は大きく違います。

一番大事なのは、その環境に合わせてスキンケア商品を選ぶこと。

外国製でも日本の環境を考慮して作られたものは日本人の肌にいいし、日本製でもそうでないものは、使い心地がよくないこともあります。

たとえば、フランスでは水質が悪いために、クレンジングでメイクアップや汚れを落として、ふき取り用化粧水でふき取り、さっと水で洗い流すだけです。

それに、湿度が低く、夏でもそれほど気温が上がりません。

だから、洗顔フォームを使うとさらに皮脂が失われ、肌はボロボロになってしまいます。

一年を通して、濃厚なクリームの愛用者が多いのもうなずけます。

日本では、夏は湿度が高くたくさんの汗をかくために、ベタベタして、クレンジングだけは物足りない感じがするし、皮脂や汚れをきれいに落とすためにも洗顔フォームは必要です。

また、保湿はさっぱりとした乳液程度で充分です。

日本のコスメ市場は世界で一番のマーケットといわれているので、日本女性向けに開発された外国製品もたくさんあります。

たとえば、クリスチャンディオールのホワイトニングシリーズは、日本を含めたアジア地域でしか販売されていません。

欧米では、肌を黒くしたい人が多いため、ホワイトニング商品は人気がなく売れないからです。

外国製の素敵な服でも、日本女性の体型やサイズを考えずに作られたものは着心地が悪く、またきれいには見えません。

まずは外国製、国産を問わず使ってみて肌で判断してみましょう。

そのために、サンプルがあるのですから。

「医薬部外品」の化粧品は、普通の化粧品より効果大?

医薬部外品と聞くと、「化粧品でありながら薬のような効果を持ったもの」というイメージがあって、普通の化粧品よりも効くような気がします。

でも、本当にそうでしょうか?

化粧品の定義は「永続的に使用でき、作用が緩和であり、かつ副作用のないもの」とされています。

一方、薬品は、そのトラブルや症状を治すために「一時的に使用し効果はあるが、長く使用すると副作用が出ることもある」ものです。

医薬部外品は、その中間のものというわけではなく、薬事法における化粧品の分類のひとつですから、化粧品には変わりありません。

では、化粧品と医薬部外品とではどう違うのでしょうか?

医薬部外品として製造すると、使用目的や効果がパッケージなどにはっきりと表示できるメリットがあります。

代表的なものでは、『エイトフォー」などのデオドラント剤、「リアップ」などの育毛剤、美白化粧品、ニキビ用化粧品などがあります。

反対に、化粧品では、「~に効果があります」と宣伝できません。

ということは、パッケージにも、明記できないのです。

では、医薬部外品が必ず効果があるかというと、そうではありません。

化粧品メーカーが申請するときに、化粧品で申請するか医薬部外品で申請するかの違い(申請方法や書式、成分の使用制限などの違いもありますが)だけなのです。

美白効果の医薬部外品とただの化粧品では、どちらがいいのかを考えてみましょう。

医薬部外品は、使用する成分の配合量制限があり、美白目的のビタミンCは3%未満になっています。

化粧品はその制限がないので、5%でも10%でもいいのです。

ということは、化粧品のほうがビタミンCをたっぷりと配合できるわけです。

ただ前述したように、化粧品の場合は、はっきり「美白効果がある」と言えないデメリットがあります。

けれども、ビューティーアドバイザーが「これは美白にいいんですよ」とそっと教えてくれたりして、厳密に守られているわけではありません。

医薬部外品は、日本にしかありません(韓国にも似たものはありますが)。

ほかの国では、化粧品は化粧品なのです。