ぷるぷるなお肌を手に入れる為に人気な「天使のベビーコラーゲン」ですが、お肌をプルプルに保つためには外からのケアも怠ることはできません。
なぜなら、いくら体の中からケアしていったとしても、外からのケアがおろそかになれば、それが老化の原因になってしまうからです。

ここでは天使のベビーコラーゲンを飲む以外にできる、お肌の対策についてご紹介していきます

 

肌あれしているときは、保湿クリームとパウダーファンデーションでケア。

化粧水がしみるときは肌のバリア機能が低下しています

肌あれしているときに化粧水を使い、しみた経験がある人は多いでしょう。
しみるのは、肌のバリア機能が低下しているため。

表皮の角質層にある保湿成分「セラミド」が、不規則な生活、加齢などのせいで減少すると、角質層が不安定になり、外からの刺激を受けやすくなるのです。
化粧水もしみるほど肌があれているときは、肌へのあたりがやわらかいクリームを使います。
保湿成分配合であればなおよいでしょう。
外出するときは、日焼け止めは肌の負担になるので塗らず、パウダーファンデーションかルースパウダーを重ねればUV対策も万全です。

朝のスキンケアは…

肌あれしているときには、化粧品はあれこれつけず必要最低限にします。

化粧水はしみやすいので、保湿クリームのみをつけましよう。保湿クリームでもしみる場合はワセリンを塗ります(ワセリンは、もっともシンプルな成分だけでできているようなもの。かぶれにくいので、応急処置として使うのに向いています)

外出するときは…

下地として保湿クリームを塗った上に、パウダーファンデーション、またはルースパウダーを重ねます。日焼け止めやクレンジング料は刺激が強いので、これらを使わないようにすることがポイントです。

帰宅したら…

刺激を与えないよう石けんで洗顔し、その後、再び保湿クリームでケアしましょう。

肌の乾燥には、化粧水のシートパックよりも固まるタイプの保湿パック

肌の乾燥を気にしている人は、とても多いものです。

解消するためには、肌自体の保湿力を高めるケアを続けることが大切ですが、即効性を求めるなら、保湿パックを試してみるとよいでしょう。

ただし、最近流行のシートパックではなく、昔からある、肌に塗ると固まり、あとで洗い流すタイプのパックのほうがおすすめです。
なぜなら、パックは肌を密閉することで表面からの水分蒸発を防ぎ、肌の奥までうるおいを届けることができるからです。

シートパックは、パックしている最中にシート表面から水分が蒸発していきます。
乾燥した肌は角質が厚くなっているので、なおさら、十分に肌の奥まで水分を届けることができないのです。

肌が乾いてメイクののりが悪いとき、保湿のために美容液をつけたのになかなか浸透しないときなど、固まるタイプの保湿パックでケアしてみましょう。

「メイクの上から化粧水をスプレー」は逆効果

オフィスなどで肌が乾燥したとき、メイクの上からスプレータイプの化粧水をシュッとひとふき。効果がありそうです。

でも、スプレーなど軽い形状の化粧水には有効な保湿成分を配合しにくく、また肌についた水分が蒸発するとき、もともと肌にあった水分まで奪ってしま
うので、かえって乾燥をまねいてしまうことも。

オフィスで乾燥が気になったら、保湿美容液を手のひらに広げ、メイクの上からそっと押さえましょう。