フェイシャルエクササイズはシワを深くすることも

顔には20種類以上の「表情筋」があります。

筋肉も皮膚と同様、ほとんどがコラーゲンでできているので、年齢とともに、とくに30代後半くらいからたるんできます。

とくに二重あごや口角の下がりは、筋肉のだるみと関係しています。

しかし、表情筋エクササイズ(フェイシャルエクササイズ)はおすすめできません。
なぜなら、表情を大きく動かすようなトレーニングは、表情ジワをより深く刻んでしまうことになるからです。

だからといって、気になるたるみを放置しておくわけにはいきません。

二重あごや口角の下がりなど、フェイスラインのたるみ予防のトレーニングには、低周波美顔器や、市販の口にはさむタイプの器具を使うとよいでしょう。

これらであれば、表情ジワを深めずに筋力アップがでさます。

毎日の生活のなかで表情に緊張感をもつようにする

もっと大事なことは、ふだんの表情に緊張感をもつことです。
口をポカンと開けているのと、きちんと口を結んでいるのとでは、筋肉のたるみが違ってきます。

あごや首のラインも、ふだんからきちんとした姿勢でいる人は美しいもの。

鏡の前では、人は自分の好きな顔をつくってしまいます。
ふだんの何気ないときこそ、ぶすっとした表情や、だらしのない表情をしていないかチェックしてみましょう。

「表情筋」とは?

表情筋とは、表情をつくるときに動く顔全体の筋肉のことです。

からだのほかの筋肉(骨格筋)と違うところは、骨ではなくて皮膚についていることです。

そのおかげで、豊かな表情をつくることができます。

しかし、それだけに、表情筋がたるむと皮膚もいっしょにたるんでしまいます。シワを深める表情筋エクササイズなどは禁物ですが、ある程度筋肉を鍛えるトレーニングは有効なので、そういったトレーニングを取り入れるとよいでしょう。

ニ重あごや下がった口角には適度な筋肉トレーニングが効果的。

シワを深くするエクササイズより器具を使ったトレーニングのほうがおススメです。

年齢とともにたれ下がってくるほおやあごの筋肉。

とくに二重あごのようなたるみや下がった口角は、年齢を感じさせ、気になるものです。
これらのたるみには、適度な筋肉トレーニングが有効です。その際には、器具を使ったトレーニングを取り入れましょう。

口にはさんで使う市販のグッズを利用したり、ペットボトルを使った口もとのトレーニングがよいでしょう。

さらに、口もとのたるみには、家庭用の低周波美顔器もおすすめです。これは、電極を顔にあてて筋肉を動かすもので、筋肉を鍛えることでリフトアップにつながります。

表情ジワをつくらずに筋肉を鍛えることができ安心です。