お肌のハリや弾力をアップするのに効果的と話題の「天使のベビーコラーゲン」ですが、

ハリと弾力が無くなると出てくる症状に、「シワ」があります。

天使のベビーコラーゲンでケアしていく上で、まずは、このシワについて詳しく知っておきましょう!

ここではそんなシワの原因や対策についてご紹介していきます!
 

シワができる最大の原因は何?

シワの最大の原因、それは「紫外線」です!

人間の肌は年を重ねればシワっぽくなってしまうし、乾燥も肌をシワっぽくしてしまいます。

その原因は肌内部のコラーゲンやエラスチンの存在が大きく、それらが減少してしまうと肌はハリや弾力を失ってしまいます。

そうすることでシワができてしまうわけですが、

やはりそのコラーゲンやエラスチンを減少させてしまう最大の原因は、紫外線によるダメージなのです。

紫外線がコラーゲンやエラスチンをブチブチに切り刻んでしまう…

シワの最大の原因である紫外線は、その害により肌の中に活性酸素をたくさん発生させてしまいます。

その活性酸素が、真皮の組織を破壊してできるものがお肌のシワなのです。

真皮の中にネットのように張り巡らされている、コラーゲンとエラスチンという紐やゴムを、活性酸素はものの数分でブチブチに切り刻んでしまうのです。

こうしてグチャグチヤに絡まったネットは、肌の土台として弾力を支えることができす、表面は八リを失ってゆるみ、シワができやすくなってしまうというわけです。

乾燥も防ごう!

さらに、肌の表面がパリパリに乾燥していると柔軟性がなくなり、シワがクッキリと刻まれやすくなります。

水分をタップリと含んだ肌は、ハリもありやわらかく、シワを目立たせない力を持っています。

しかし水分が抜けてかたくなった肌では、シワはいやでも目立ってしまいます。

じつは、乾燥は紫外線の次に注意すべきダメージです。

もちろん、紫外線を浴びなくても乾燥しなくても、人の肌は自然に老化します。

しかし、生まれたときから紫外線に気をつけて生活していれば、おばあさんになっても赤ちゃんのような肌でいられるという説もあるように、やはりすべての肌老化の原因は紫外線なのです!

紫外線というと、シミを真っ先に思い浮かべるけれど、シミだけじゃない・・・

シワもたるみも!

元凶は紫外線。

じつは、日焼け止めはシワ&たるみ予防でもあるのです。

もしコラーゲンやエラスチンが傷ついてしまったと思うのであれば、天使のベビーコラーゲンを飲んで体の内側からケアしていきましょう!